中国語の医療業界などの専門文書なら翻訳専門会社のサービスを利用

世界地図と本

翻訳家の単価はピンからキリまで

積まれた本

中国語翻訳家という分類で仕事を探してみると、その単価にはとても幅があります。インターネットでもその求人を探すことが出来ます。しかし一般的に公開されている中国語翻訳家の単価はあまり高いとは言えないのではないでしょうか。またインターネットの登録ではなくて、実際の翻訳会社に登録をして、仕事を請け負うという方法もあります。
例えばインターネットを見ると、注文者から翻訳に関する依頼を受けすぐ答えることが出来、実際の翻訳の仕上がりも当日!というようなところは1文字10円位の高単価であるところが少なくありません。反対に3日とか1週間とか少し納期に余裕がある場合は、1文字が7円と少し相場が下がって来るようです。
翻訳家は、ほかの人が見ても語学力がわかるように資格試験の結果を持っていると思いますが、(TOEICなど)、その資格試験だけではなく、一番大切なのは、経験です。翻訳の経験があるからこそ、生きた翻訳が出来るのですね。また単に英語を訳すというわけではなくて、適切な日本語にしなくてはいけないので、日本の語彙力や能力も高くなければいけません。その経験から実際の翻訳経験があるとその分を加味されて、少し単価が高くなることがあります。

news

  • 眼鏡と積まれた本

    翻訳家として仕事をするメリット

    中国語を日本語に翻訳する仕事をする人を翻訳家と言って企業のグローバル化により翻訳の仕事の需要も増えてきています。また翻訳家はフリーランスで働く事になるので翻訳する文字が多いほど収入も多く得られる歩合制という形になっています。そこで翻訳…

    more

choices article

  • ピンク色のカバーの本

    翻訳家の探し方

    中国語翻訳家を探すには、翻訳家向けコミュニティで自分の案件に合うような人材に連絡を取ったり、翻訳家が集うメーリングリストで相談したりするのが一番です。英日・日英の翻訳家を探すのであれば、特許翻訳等を手掛けるテクニカルライターから、法律…

    more

  • 積まれた本

    翻訳家の単価はピンからキリまで

    中国語翻訳家という分類で仕事を探してみると、その単価にはとても幅があります。インターネットでもその求人を探すことが出来ます。しかし一般的に公開されている中国語翻訳家の単価はあまり高いとは言えないのではないでしょうか。またインターネット…

    more

  • 開いた本

    翻訳家の単価はだんだん下がってくる

    中国語の翻訳家が働くべきところはたくさんありますが、その中でも最近増えて来ているのは、インターネット上の中国語翻訳ではないでしょうか。例えば、中国のニュースを翻訳して紹介する、映画を評論を翻訳して紹介する、単に顧客から依頼を請け負って…

    more