中国語の医療業界などの専門文書なら翻訳専門会社のサービスを利用

世界地図と本

news

  • 眼鏡と積まれた本

    翻訳家として仕事をするメリット

    中国語を日本語に翻訳する仕事をする人を翻訳家と言って企業のグローバル化により翻訳の仕事の需要も増えてきています。また翻訳家はフリーランスで働く事になるので翻訳する文字が多いほど収入も多く得られる歩合制という形になっています。そこで翻訳…

    more

専門職の方々がよく利用する翻訳サービス

特定の会社では、相当深い知識が求められる事があります。なぜなら仕事の専門性が極めて高いからです。
例えば医療業界です。その業界で働くとなると、様々な専門的な用語を耳にするようになります。それで問題は、文章などでのやり取りをする時です。誰か外国籍の方々から文書が送られてくる事もありますが、内容はとても難解です。聞いたことも無いような専門用語が、文書に記載されている事もあります。
現在多くの日本人の方々は、平易な英文ならば、何とか理解する事はできます。学校で英語を習っているからです。しかし医療業界など専門文書となると、やはり専門用語などの問題があり、理解するのに苦戦する傾向があります。翻訳の専門会社のサービスを活用するのは、その医療業界の方々などは多いです。自力では文章の内容も理解が難しいですが、翻訳会社なら正確に訳してくれるからです。それは何も医療業界だけでなく、法律関連など専門知識が求められる職業も同様です。
このように翻訳サービスは、「仕事で専門知識が求められる」方々が利用する事例が大変多いですね。上述の医療や法律だけでなく、出版や金融業界の方々も、翻訳会社FUKUDAIなどの翻訳専門会社にお仕事を任せている傾向があります。

中国語の翻訳に関して

小節を3日位により、スラスラと読めるようにする。翻訳家へとなる為には、様々な種類の本などを、いっぱい読まなくては行けません。多読へと飽きないようにするには、自分が興味ある本を、優先して買って行くようします。最終的には200ページ?300ページほど目を通さなくては、まず理解出来ないような小節を、約3日程度により、簡単に読めるようにならくては行けません。何冊もの本へとしっかりと目を通せば、色々なタイプの知識などを、知らぬ間にちゃんと覚えて行く事でしょう。その事が強く影響して、勘がどんどんと備わって行きます。数々の種類である、中国語主体の学習雑誌関連の対訳を、賢く参考にして行く事をオススメ致します。
中国語の文法自体がかなり難しいので、『それは多分こうなる』と言った曖昧な勘により、実行出来る翻訳ではありません。説明が厳しい文法であっても、書店の店頭へと置かれている、翻訳専用に作成された、本や雑誌などに掲載されている文章を、じっくりと眺めて行き、一体どんな感じの応用が可能なのかを、きちんと学習して行かないとなりません。
中国語を翻訳出来る方はそんなにいない為、最近だと大変重要視されているようです。外国映画の吹き替え作業や、字幕での翻訳作業がある為、このようなケースだと、中国語の翻訳が絶対に必要となって来ます。ですので中国語を翻訳出来る人物は、間違いなく重宝されます。

翻訳の単価について

翻訳の単価ははっきりときまっているわけではなく案件によって幅もあるため、はっきりとこの額と明言することができません。ですが、概ねの単価は決まっており、一時間で作業できる量=3500円ほどの単価になることが多いようです。文字単価になおすと1文字35円ほどでしょうか。
ですが、案件の難易度により差が大きく一概に言えないのが翻訳です。英文翻訳を例に取ると、簡単な会話文の翻訳などだと文字単価10円を切るものもありますし、専門機械のマニュアル翻訳の場合文字単価が50円になるものもあります。文字単価で決めることも多いですが、ページあたりの単価(グロス料金)で設定することも多く、打ち合わせ時に概要を決めた後に、実作業後再度価格の交渉を行うことも多いです。翻訳の単価としては英→日・日→英の場合、英文を日本語に翻訳するより、日本語を英文に翻訳するほうが単価が高くなることがおおいです。
また最近は多言語の翻訳が求められており、日英翻訳以外の翻訳のほうが単価が高くなる傾向にあります。具体的には中国語翻訳者などは英文のみの翻訳者よりも高い単価で仕事を請けることが多くなっており、かつ中国語でも北京語・広東語と類似する複数の言語を翻訳できる人のニーズが高まっています。

格安価格で中国語の翻訳サービスなら翻訳会社FUKUDAIだけ!「品質を重視したい」「安く抑えたい」などの思いがある方は特にピッタリな翻訳会社です。

choices article

  • ピンク色のカバーの本

    翻訳家の探し方

    中国語翻訳家を探すには、翻訳家向けコミュニティで自分の案件に合うような人材に連絡を取ったり、翻訳家が集うメーリングリストで相談したりするのが一番です。英日・日英の翻訳家を探すのであれば、特許翻訳等を手掛けるテクニカルライターから、法律…

    more

  • 積まれた本

    翻訳家の単価はピンからキリまで

    中国語翻訳家という分類で仕事を探してみると、その単価にはとても幅があります。インターネットでもその求人を探すことが出来ます。しかし一般的に公開されている中国語翻訳家の単価はあまり高いとは言えないのではないでしょうか。またインターネット…

    more

  • 開いた本

    翻訳家の単価はだんだん下がってくる

    中国語の翻訳家が働くべきところはたくさんありますが、その中でも最近増えて来ているのは、インターネット上の中国語翻訳ではないでしょうか。例えば、中国のニュースを翻訳して紹介する、映画を評論を翻訳して紹介する、単に顧客から依頼を請け負って…

    more